~こころとからだの深呼吸~ ホリスティックケアルーム&スクール「つむぎの森」

セラピストの本棚

スピリットとアロマテラピー―東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す

2012年09月02日

 

アロマセラピー初心者をそろそろ卒業して、もっともっと深く学びたい、と思われたなら、ぜひこの本を手にとって読んでみてください。

著者はアロマテラピー、指圧、鍼(はり)、薬草医療の専門家で、薬草医療の校長。
精油がこころとからだ、スピリットへ及ぼす効果や深遠な心理作用、陰陽五行説についてもとても分かりやすく、丁寧に説明されています。
アロマセラピーと東洋医学を融合させたユニークな視点はアロマセラピーの新しい可能性を感じさせてくれます。
読み物としても面白いですが、臨床やセッションの現場での精油ブレンディングのヒントに大活躍しています(^.^)

カテゴリー:アロマセラピー
カテゴリ
バックナンバー

認定者ご紹介

「赤ちゃんとママのしあわせタッチケア」
↑本に載っている手遊び歌「ぞうきん」の動画をチェック!
ホリスティックアロマセラピー
ホリスティックholisticとはギリシャ語「holos全体」が語源となり、「全体」「全的」「つながり」「バランス」を意味します。
同じ語源の言葉は、『heal治癒』『health健康』『holy聖なる』など。
身体と精神の統合・調和・バランスを大切にしています。 また自然治癒力を癒しの原点におき、病気を成長へのチャンスと捉えることで自らの人生の意味に気づき、自己実現をも可能にしてくれると考えます。
アロマセラピーは、香りの持つ心理的効果によりこころへ、薬理作用によりからだへ、またスピリットへも ホリスティックにアプローチできる代替療法のひとつです。