~こころとからだの深呼吸~ ホリスティックケアルーム&スクール「つむぎの森」

セラピストの本棚

2012年09月19日

  操体法と言うと、「え?体操?」とよく聞き返されます。 仙台で医者をしていた橋本先生が考案した整体術の一種ですが、ホリスティックな視点で病気について考えることができます。『生体の歪みを正す』も名著です。 「気持ちのいい方向に気持ちよくからだを動かして、すと~んと脱力。そして大きくため息、はあ~」 なんて単純で気持ちいいのでしょう。 うちの子供たちも寝る前の操体法が大好きで

続きを見る

カテゴリー:心と体の治癒力

2012年09月19日

  一時期バイブルのように繰り返し読みました。前著『人はなぜ治るのか』では誰かに治してもらうものだと思っていた病気が、実は自己のコントロール下にあることに気づかされました。本書ではさらに健康と治癒の不思議なメカニズムを解き明かし病気の経過とそれを変える方法の説明、こころとからだの相互依存関係、呼吸法、食事などあらゆる観点から詳しく解説してくれています。『癒す心、治る力』も名著です。

続きを見る

カテゴリー:心と体の治癒力

2012年09月02日

  日本ホリスティック医学協会関西支部長の黒丸先生はたくさんの著作がありますが、この本は中でも秀逸です。現在は緩和ケア科で、ターミナル期の患者様と日々接しておられますが、専門は心療内科医。ひょうひょうとした雰囲気に、思わずリラックスさせられます。「こころの治癒力」これからの医療のキーワードになりそうです。 「思い込み」でがんじがらめになった心が自由に解き放たれる度★★★★★「

続きを見る

カテゴリー:心と体の治癒力

2012年09月02日

  看護のなかでもっとも光の当てられてこなかった領域が感情の領域である、と著者はいう。 生や死、不安と葛藤、痛みや苦しみを目の当たりにする仕事を日々行い、しかも「白衣の天使」としての偶像的 な役割までも期待されている、感情労働者の感情をここまで語ってもいいの?と感じるほど正直に描きます。人との関わりを職業とするすべての方に読んでいただきたい一冊です。

続きを見る

カテゴリー:心と体の治癒力

2012年09月02日

鳥や川のせせらぎなどの自然音が好みなのですが、リートメント中は、人の声などがはいらず、静かで一定のリズムの波動の高い音楽が欠かせません。この『REIKI』のCDは急にリズムが変わってびっくりするようなこともなく、落ち着いて自分の心の声と対話できるアルバム。『REIKI』とは普遍的な生命エネルギーを指し、とてもパワーあるハンドヒーリングです。シリーズに『aromatherapy』や『chak

続きを見る

カテゴリー:心と体の治癒力
カテゴリ
バックナンバー

認定者ご紹介

「赤ちゃんとママのしあわせタッチケア」
↑本に載っている手遊び歌「ぞうきん」の動画をチェック!
ホリスティックアロマセラピー
ホリスティックholisticとはギリシャ語「holos全体」が語源となり、「全体」「全的」「つながり」「バランス」を意味します。
同じ語源の言葉は、『heal治癒』『health健康』『holy聖なる』など。
身体と精神の統合・調和・バランスを大切にしています。 また自然治癒力を癒しの原点におき、病気を成長へのチャンスと捉えることで自らの人生の意味に気づき、自己実現をも可能にしてくれると考えます。
アロマセラピーは、香りの持つ心理的効果によりこころへ、薬理作用によりからだへ、またスピリットへも ホリスティックにアプローチできる代替療法のひとつです。