~こころとからだの深呼吸~ ホリスティックケアルーム&スクール「つむぎの森」

セラピストの本棚

クォンタムタッチ奇跡のヒーリング技法

2012年09月19日

 

クォンタムタッチ(QT)とは、誰にでも簡単に学べる、アメリカ生まれのハンズオンヒーリングです。 
創始者のリチャード・ゴードンは30年以上にわたり、さまざまなヒーリングを学び実践し、伝えてきました。
日本では、もう20年近く前に出版された「あなたの両手が治す!ハンドヒーリング―ポラリティー」でも知られています。
わたしもハンズオンヒーリングはレイキをはじめ、セラピューティックタッチやヒーリングタッチ、神道系の手当て法などいろいろと学んできましたが、クォンタムタッチを知ったときには、世界中で、古代より行われてきた手当て法の素晴らしい点を上手に取り入れ、さらに瞑想と最新の物理学の理論を組み合わせたシンプルなテクニックに驚きました。「ここまで、ぜんぶ教えてしまってもいいの??」

誰かにエネルギーの回路を開けてもらう・・ことに抵抗を感じているわたしにとって「ヒーラーとは、病者自身である」といいきる
リチャードの姿勢はとても好感がもてます。なぜならヒーリング能力はだれにでも生まれつき備わっている力だからです。ただ、その力を使いこなすための練習は必要で、これは自転車の乗り方を覚えるようなものだとわたしは考えています。

クォンタムタッチは同期化と共鳴の科学的な原理に基づいて、特定の呼吸法と簡単な身体瞑想エクササイズを組み合わせ強力なエネルギーヒーリングの「フィールド」を造り出します。
またQTでは、身体に直接働きかけるような施術はしません。お母さんの手当てのような、軽くて優しいタッチを用います。

アメリカでのQTは医療機関でも試され、病院や手術室でも活かされています。また継続看護教育の認定講座にも指定されています。まだまだ日本では名前を知る人は少ないですが、米国では医師、外科医、看護婦、カイロプラクター、マッサージ師、指圧師、レイキプラクティショナー、気功家、太極拳の使い手やスポーツトレーナーなど、様々な分野の専門家から広い支持を得ています。
また外傷・筋肉、骨の痛みなどへの効果的だけでなく、今ではトラウマやインナーチャイルドなどの精神的な領域にまで及ぶヒーリング効果が認められています。
さらにどんな信条や信仰も否定することなくすでに身につけている技法と自然に融合して用いることができることもクォンタムタッチの優れたところ。
なによりもリチャードが描くビジョンにわたしは魅かれています。クォンタムタッチを用いた新しい関わりの方法が世界に満ちていくことにエネルギーを送ります(*^_^*)
段階を追って、丁寧にヒーリングテクニックが説明されているので、本を読んだだけでも十分に習得することができます。
もっと知りたい!と思われたらぜひライブベーシックワークショップに参加くださいね!

カテゴリー:心と体の治癒力
カテゴリ
バックナンバー

認定者ご紹介

「赤ちゃんとママのしあわせタッチケア」
↑本に載っている手遊び歌「ぞうきん」の動画をチェック!
ホリスティックアロマセラピー
ホリスティックholisticとはギリシャ語「holos全体」が語源となり、「全体」「全的」「つながり」「バランス」を意味します。
同じ語源の言葉は、『heal治癒』『health健康』『holy聖なる』など。
身体と精神の統合・調和・バランスを大切にしています。 また自然治癒力を癒しの原点におき、病気を成長へのチャンスと捉えることで自らの人生の意味に気づき、自己実現をも可能にしてくれると考えます。
アロマセラピーは、香りの持つ心理的効果によりこころへ、薬理作用によりからだへ、またスピリットへも ホリスティックにアプローチできる代替療法のひとつです。