~こころとからだの深呼吸~ ホリスティックケアルーム&スクール「つむぎの森」

ホリスティックとは?

病=悪ではなく、気づきのためのチャンス

1991年、はじめて「ホリスティック」に出会いました。
病気に倒れ、大好きだった仕事を辞め、夢も希望もなくなっていたときでした。

小さい頃は喘息で病弱で、しょっちゅう熱を出したり風邪をひいたりで、病院のお世話になっていました。
病気は医者が治してくれるものだと思っていたので、大病院に通いつめましたが一向に良くなる気配はなく、痛みと倦怠感と焦燥の中で出会ったのが、「ホリスティック」でした。

アンドリュー・ワイル博士の数々の著作、ラリー・ドッシー、デイーパック・チョプラ、帯津良一先生はじめ、世界中の研究者や実践者の著作を読み漁りました。
またマクロビオティック、玄米正食、東条百合子先生の自然療法、西式健康法、千島学説、びわ灸、ディープエコロジー運動、田んぼを借りての自給自足の真似事、甲田先生の断食、Oーリングテスト、アーユルヴェーダ、ヨガ、アクティブバーバースとの出会いと実践を通じて、自分のからだの一番の主人公は自分である、こころがからだを作っていること、病=悪ではなく、気づきのための大いなるチャンスであることに気がつきました。

ホリスティック『Holistic』にはさまざまな考え方がありますが、もともとはギリシャ語の「holos」(全体)が語源となっています。現代英語の「holy 聖なる」や「whole 全体の」という言葉のもとにもなっており、そこから派生して「health 健康」「heal 癒える」という言葉も生まれました。
主な意味としては「全体的」や「全的」「全体論的」「関連」「つながり」「バランス」 などと訳されています。
「Holistic」という言葉は1926年にジャン・クリスチャン・スマッツという思想家が「ホーリズム(holism)と 進化」という著作の中で「holism」の形容詞として初めて使った造語なのです。

人間をまるごと全体的にみる医学

西洋医学はデカルトが唱えた心身二元論という、こころとからだを分離して臓器や細胞の寄せ集めとして人間を捉えることで、大きく発展してきました。
しかし、臓器や細胞などといった部分をみることにあまりに比重が傾きすぎた結果、わたしたち人間がこころとからだとそスピリットの全体からなる存在であることを忘れてしまったのです。

こころとからだを分離し、全体のバランスや統一を置き去りにしてしまった西洋医学に対する 反省から1960年代のアメリカで、ホリスティックという概念が興りました。
ホリスティック医学をひと言で論じるのはとても難しく、それぞれの立場や従事する療法などによっても多様な考え方がありますが、あえていうならば、人間をまるごと全体的にみる医学といえます。

健康や「人が癒える状態」(癒しという言葉は本来ないと考えてます。healは自動詞であり、癒える状態を指すと考えるからです。)とは本来、身体だけでなく目に見えない魂や精神・ 霊性も含めた人間の全体性と深く関係があります。

人生を生きていく中で、各人が持っている生老病死を含めたストーリーを大切に考え、自らが病と向き合い自分というものに気づく作業を助け、こころとからだと精神のあらゆる側面から自己治癒力を引き出し、支え、高めていく方法を医療従事者や療法家とともに考えていくことがホリスティックなアプローチであると考えます。

「健康」ってなんだと思いますか?

病気を治す、対症療法的に今見えている症状だけをみるのではなく、もっと本質的な世界に気づくための手段として様々な療法があるのだと思います。
アロマセラピーやリフレクソロジーなどは自己治癒力を高めるお手伝いをします。
西洋医学を含めた様々な療法家が集まり、チームとなって最善の方法を共に模索し行うことができるような場が少しずつですが、病院などにも広がっています。

「健康」ってなんだと思いますか?
病気でない状態が「健康」なのでしょうか。

あるいは血液や尿や細胞組織の検査結果が正常値の範囲以内であれば「健康」なのでしょうか。
病を抱えていたとしても「健康」に生きる方法はあるのではないでしょうか。
精神・身体・環境がほどよく調和し、与えられている条件において最良 のクオリティ・オブ・ライフ(生の質)を得ている状態が「健康」なのではないかと考えています。

以上は日本ホリスティック医学協会のホリスティクの定義を元に考えたホリスティックです。
今後、さらに学びや経験を積む中で、思考が深まり、新たな見解になることと思います。

日本ホリスティック医学協会のホリスティックの定義

1.ホリスティック(全的)な健康観に立脚する
人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。
2. 自然治癒力を癒しの原点におく
生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。
3. 患者が自ら癒し、治療者は援助する
病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。
4. 様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う
西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。
5. 病の深い意味に気づき自己実現をめざす
病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をめざしていく。※ホリスティック医学協会は、いかなる政治宗教団体にも属さない非営利団体です。
※ホリスティック医学協会は、いかなる政治宗教団体にも属さない非営利団体です。

認定者ご紹介

「赤ちゃんとママのしあわせタッチケア」
↑本に載っている手遊び歌「ぞうきん」の動画をチェック!
ホリスティックアロマセラピー
ホリスティックholisticとはギリシャ語「holos全体」が語源となり、「全体」「全的」「つながり」「バランス」を意味します。
同じ語源の言葉は、『heal治癒』『health健康』『holy聖なる』など。
身体と精神の統合・調和・バランスを大切にしています。 また自然治癒力を癒しの原点におき、病気を成長へのチャンスと捉えることで自らの人生の意味に気づき、自己実現をも可能にしてくれると考えます。
アロマセラピーは、香りの持つ心理的効果によりこころへ、薬理作用によりからだへ、またスピリットへも ホリスティックにアプローチできる代替療法のひとつです。