~こころとからだの深呼吸~ ホリスティックケアルーム&スクール「つむぎの森」

セラピストの本棚

2012年09月19日

  ニセ科学に関する舌鋒で知られる物理学者。 ニセ科学か科学かオカルトか・・。 判断はひとりひとりにお任せするとして、わたし個人は生きているいのちの奇跡とケアルームで毎日体験する奇跡としかいいようのない神秘に対する畏怖の念は揺らぐことなく、かえって科学を学ぶごとに増しています。 でも、自分で迷うことや悩む力を安直に取り上げてしまう「お手軽スピ」のようなものはわたしは好きで

続きを見る

カテゴリー:その他

2012年09月19日

  イギリスのジャーナリスト、サイモン・シンがホメオパシーやアロマセラピー、鍼灸、瞑想 リフレクソロジーなどのさまざまな代替療法について最新の科学的評価を下しているのですが、評価は分かれるところでしょう。 あれだけたくさんの療法に関して膨大な資料を集めるときにフィルターはかからなかったのか。 原題名(Trick or Treatment?)からして出発点に断定的な口調も感じま

続きを見る

カテゴリー:その他

2012年09月19日

  恐怖の対象でしかなかった臨死体験を学問のレベルにまで高めた医学・哲学博士レイモンド・ムーディ医師。 ムーディ医師に認められた著書の2回にわたる臨死体験を記したこの分野での古典です。 去年、イギリスの著名なミディアム(霊媒師)であるエドガー・ゴードン氏の初の日本語訳の本を読み、まとめてこの分野を読み直したいと思っていたので、まずは1冊目に。 雷に打たれ、心停止をした著書は「

続きを見る

カテゴリー:その他

2012年09月19日

  インド医学のアーユルヴェーダ、TM瞑想、ホリスティック医学を経て、今では人間の潜在能力の分野における世界的な第一人者。 スピリチュアル・リーダーとしても名高い筆者が量子論(クオンタム)を用いて死後の世界を語っています。

続きを見る

カテゴリー:その他

2012年09月19日

  禅をおこなうとき「公案」というテーマが与えられるのですが、一般の人間には分かりにくい公案を大脳生理学者で在家の禅僧の高田明和先生が優しく説いておられます。 「今日の名言!」でご紹介したいと思うものばかり。 とても気にいっているのが「いやなことを一切考えるな同時にいいことも一切考えるな月の影が沼の底を照らしても水には何も残らないではないか」 ただ、目の前の

続きを見る

カテゴリー:その他

認定者ご紹介

「赤ちゃんとママのしあわせタッチケア」
↑本に載っている手遊び歌「ぞうきん」の動画をチェック!
ホリスティックアロマセラピー
ホリスティックholisticとはギリシャ語「holos全体」が語源となり、「全体」「全的」「つながり」「バランス」を意味します。
同じ語源の言葉は、『heal治癒』『health健康』『holy聖なる』など。
身体と精神の統合・調和・バランスを大切にしています。 また自然治癒力を癒しの原点におき、病気を成長へのチャンスと捉えることで自らの人生の意味に気づき、自己実現をも可能にしてくれると考えます。
アロマセラピーは、香りの持つ心理的効果によりこころへ、薬理作用によりからだへ、またスピリットへも ホリスティックにアプローチできる代替療法のひとつです。